ダイカスト金型用コアピン・インサート類の製作

あらゆるステークホルダーと共に

ISO14001 とゼロエミッション


2006年に取得したISO14001に基づき、環境負荷管理体制を継続的に改善させる仕組みを作り、
活用することで、地域社会や地球環境の保全・改善に努めています。

ISO14001の取り組み

環境方針

「理念」

美しい自然環境の中で生活したいのが人類の根源的な希望です。
現代において人が生活し、企業が活動する事により環境負荷を発生させる事は避けがたいが、それを最小限に止める事は可能です。
当社も環境負荷最小化を作りだす体制を確立し、それを継続的に改善していく仕組みを作り、それを活用する事によって地球環境の保全・改善を実現します。
更には経営体質の強化・充実、企業リスク低減までの巾広い改革に参画します。
これは環境をより良くすると同時に我々の人生を豊かにしてくれるでしょう。

「行動指針」

1、生産活動すべてにおいて環境負荷を低減します。
2、法律を守ります。その他の要求事項を順守し、有害な化学物質や廃棄物などによる自然環境の汚染リスクを予防します。
3、従業員と当社に関係する人々に周知させ、一人一人はそれぞれの業務にて、そして市民としての立場を通じて環境の改善に努めます。

2014.4.17改訂


音楽への取り組み

社会貢献の一環として、フィンランドより2005 年に弦楽四重奏団を、2008 年にはバイオリン、アコーディオンのデュオを招き、
無料コンサートを開催しました。




森づくりクラブ

キャステック森づくりクラブは、栗橋ロータリークラブ、国、県、市町村と連携し、利根川の強化堤防に森をつくる100年プロジェクトに参加しています。
コナラ、シラカシなど18樹種750本を植樹しました。現在は、1040本・8000㎡の芝・草刈、下枝切り、間伐などの維持活動を行っています。

Copyright c 2013 株式会社キャステック All Rights Reserved.